9月の注目おすすめ株主優待。一覧・配当金など一挙紹介!

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

9月の注目おすすめ株主優待。一覧・配当金など一挙紹介!

9月の注目おすすめ株主優待。一覧・配当金など一挙紹介!



9月は、3月に続き、株主優待の権利確定が2番目に多い月です。外食の割引券や買い物券、またレジャー関連の銘柄など、人気の優待株が目白押しです。人気銘柄が多いだけに優待銘柄選びも少々大変です。

本記事では、9月の人気・注目株主優待を紹介します。優待銘柄の優待内容や配当金なども解説していきます。うまく利用して、生活の質の向上、生活費の節約をしていきましょう!

自分に合った株主優待を探すならSBI証券の検索ツールがオススメ!

参考 株主優待を獲得するための基礎事項は、以下をご参照ください。

株主優待・配当の基本(初心者・はじめての方へ)
投資と言うと、一般に「配当金」や「値上がり益」など金銭目的のものというイメージです。しかし、最近では、株主優待を目的とした投...

スポンサーリンク
レクタングル大

9月の株主優待銘柄

さっそく、9月の注目優待銘柄を紹介していきます。銘柄紹介の前に、「いつまでに株式を購入すれば良いのか?」についても解説していきます。

【2016年】株主優待で得する証券会社はどこ?株主優待向け証券会社の比較

いつまでに優待銘柄を購入すれば良いか?

9月の株主優待を獲得するには、9月末の権利付き最終日である9月27日(火)までに、お目当ての株式を購入する必要があります。ただし、9月20日が権利確定日の場合、9月14日(水)までに、購入する必要があります。

参考 各月の権利日は、以下からご確認ください。

以下、9月の注目株主優待を紹介していきます。

アトム(7412)

アトム(7412)の株主優待・配当金

アトム(7412)の株主優待・配当金



アトムの株主優待は、コロワイドグループのレストラン、お寿司屋さん、焼き肉、居酒屋等で使える優待ポイントカードです。1ポイント1円相当で、1ポイントづつ使えます。ほぼ現金同様に利用することができるので、優待の中でも利便性は最高位です。

コロワイドグループで利用できる優待の中では、コロワイド(7616)の株主優待カッパ・クリエイト(7421)の株主優待よりも小額から購入でき、利回りも高い、お得度の高い優待となっています。

優待ポイントは、以下のように、保有株式数が多ければ多い程多くなります。

  • 100株:2,000円分 × 年2回
  • 500株:1万円分 × 年2回
  • 1,000株:2万円分 × 年2回

また、本株主優待の頻度、優待獲得のための最低必要金額は、以下のようになっています。

優待頻度、優待獲得のための最低購入金額:

  • 優待頻度・時期:年2回(3月、9月)
  • 最低単位元:100株
  • 最低購入金額:68,000円(2016年8月9日現在)
  • 配当+優待利回り:6.16%
  • 売買手数料:証券会社毎(詳細

参考 アトムの株主優待や企業の詳細は、以下をご参照ください。

アトム(7412)の株主優待・配当金
アトム(証券コード:7412)の株主優待は、コロワイドグループの飲食店で使える株主優待カード(年2回)です。ほぼ現金同様に使...

ヤマダ電機(9831)

ヤマダ電機(9831)の株主優待・配当金

ヤマダ電機(9831)の株主優待・配当金



ヤマダ電機の株主優待は、自社店舗(ヤマダ電機)で利用できる優待券(年2回)です。1枚500円相当の価値があり、買物金額1,000円につき、1枚の優待券を利用できます。

買い物券の枚数(金額)、下表のように保有株数に応じて変わります。株式を多く保有していれば、いるほど多くの優待券がもらえます。100株保有の場合、年間3,000円相当の優待券がもらえます。

保有株数 \ 権利月3月末9月末
100株以上2枚4枚
500株以上4枚6枚
1,000株以上10枚10枚
10,000株以上50枚枚50枚

また、ヤマダ電機の株主優待は、保有期間によっても優待券の枚数が変わります。具体的には、以下のように、保有期間が長くなればなるほど、上表の通常優待に加えて、ボーナスで優待券が数枚追加されます。

保有年数 \ 権利月3月末9月末
1年以上(100株以上)3枚1枚
2年以上(100株以上)4枚-

ヤマダ電機という電化製品のイメージがありますが、おもちゃや日用品も購入できるので、本優待で、生活費の節約もできます。また、優待獲得のための最低必要資金も少なめなので、比較的手軽に株式を購入することができます。

優待頻度、優待獲得のための最低購入金額:

  • 優待頻度・時期:年2回(3月、9月)
  • 最低単位元:100株
  • 最低購入金額:50,400円(2016年8月9日現在)
  • 配当+優待利回り:9.13%
  • 売買手数料:証券会社毎(詳細

参考 ヤマダ電機の株主優待や企業の詳細は、以下をご参照ください。

ヤマダ電機(9831)の株主優待・配当金
ヤマダ電機(証券コード:9831)の株主優待は、ヤマダ電機で使える優待券(年2回)です。自社店舗の電化製品だけでなく、日用品...

コロワイド(7616)

コロワイド(7616)の株主優待・配当金

コロワイド(7616)の株主優待・配当金



コロワイドの株主優待は、コロワイドグループのレストラン、お寿司屋さん、焼き肉、居酒屋等で使える優待ポイントカード(年間4万円分)です。1ポイント1円相当で、1ポイントづつ使えます。ほぼ現金同様に利用することができるので、優待の中でも利便性は最高位です。

ただし、株主優待獲得のための必要株数が100株でなく500株である点に注意が必要です。また、権利月は3月および9月ですが、優待は年4回(1回につき1万円分のポイントカード)にわけて送付されてきます。3月権利分は6月と9月に、9月の権利分は12月と3月に送付されます。

優待頻度、優待獲得のための最低購入金額:

  • 優待頻度・時期:年2回(3月、9月)
  • 最低単位元:500株
  • 最低購入金額:924,000円(2016年8月9日現在)
  • 配当+優待利回り:4.59%
  • 売買手数料:証券会社毎(詳細

参考 コロワイドの株主優待や企業の詳細は、以下をご参照ください。

コロワイド(7616)の株主優待・配当金
コロワイド(証券コード:7616)の株主優待は、コロワイドグループの飲食店で使える株主優待カード(年2回)です。ほぼ現金同様...

カッパ・クリエイト(7421)

カッパ・クリエイト(7421)の株主優待・配当金

カッパ・クリエイト(7421)の株主優待・配当金



カッパ・クリエイトの株主優待は、コロワイドグループのレストラン、お寿司屋さん、焼き肉、居酒屋等で使える優待ポイントカードです。1ポイント1円相当で、1ポイントづつ使えます。ほぼ現金同様に利用することができるので、優待の中でも利便性は最高位です。

優待ポイントは、以下のように、保有株式数が多ければ多い程多くなります。

  • 100株:3,000円分 × 年2回
  • 1,000株:6,000円分 × 年2回

優待ポイントは、LINEの割引クーポンなど他の割引券とも併用できる点も魅力です。

優待頻度、優待獲得のための最低購入金額:

  • 優待頻度・時期:年2回(3月、9月)
  • 最低単位元:100株
  • 最低購入金額:121,900円(2016年8月9日現在)
  • 配当+優待利回り:6.56%
  • 売買手数料:証券会社毎(詳細

参考 カッパ・クリエイトの株主優待や企業の詳細は、以下をご参照ください。

カッパ・クリエイト(7421)の株主優待・配当金
カッパ・クリエイト(証券コード:7421)の株主優待は、コロワイドグループの飲食店で使える株主優待カード(年2回)です。ほぼ...

ゼンショーホールディングス(7550)

ゼンショーホールディングス(7550)の株主優待・配当金

ゼンショーホールディングス(7550)の株主優待・配当金



ゼンショーホールディングスの株主優待は、自社グループ店舗で利用できる株主優待券(年2回)です。優待券は1枚500円となっています。もらえる優待券の枚数は、下表のように、保有株数によって変わります。最低単位元100株で、年間2,000円分の優待を受けられます。

優待券枚数(保有株数別):

  • 100株以上:2枚(1,000円相当)× 年2回
  • 300株以上:6枚(3,000円相当)× 年2回
  • 500株以上:12枚(6,000円相当)× 年2回
  • 1,000株以上:24枚(12,000円相当)× 年2回
  • 5,000株以上:60枚(30,000円相当)× 年2回

優待利回りが高いのは、500株〜1000株を保有した場合です。最低単位元100株を保有しているよりも1.2倍の利回りが確保できます。また、優待券が利用可能な店舗は、以下のようになっています。

優待券利用可能店舗:

  • 丼もの:すき家、なか卯
  • お寿司:はま寿司、久兵衛屋
  • 焼き肉:宝島、牛庵、いちばん
  • パスタ:ジョリーパスタ
  • 和食レストラン:華屋与兵衛、和食よへい
  • ファミレス:ココス、ビッグボーイ、エルトリート、ヴィクトリアステーション

優待頻度、優待獲得のための最低購入金額:

  • 優待頻度・時期:年2回(3月、9月)
  • 最低単位元:100株
  • 最低購入金額:163,100円(2016年8月9日現在)
  • 配当+優待利回り:2.21%
  • 売買手数料:証券会社毎(詳細)

参考 ゼンショーホールディングスの株主優待や企業の詳細は、以下をご参照ください。

ゼンショーホールディングス(7550)の株主優待・配当金
ゼンショーホールディングス(証券コード:7550)の株主優待は、グループ店舗で利用できる優待お食事券(年2回)です。「すき家...

オリックス(8591)

オリックス(8591)の株主優待・配当金

オリックス(8591)の株主優待・配当金



オリックスの株主優待は、5,000円相当のふるさと優待品、および株主カードの2種類(年2回)です。

優待1:ふるさと優待品(年1回)

ふるさと優待品は、全国各地域の取引先企業が製造・販売する食品・飲料(合計10品程度)の中からカタログに掲載された1品を選択することができます。5,000円相当(年1回)の品物となっています。

さらに、3年以上株式を継続保有した場合、さらに充実した内容(1万円相当×年1回)のカタログの中から1品を選択できるようになります。

優待2:株主カード(年2回)

株主カードを提示することで、以下のような様々な特典を受けることができます。

  • 京都水族館、すみだ水族館、新江ノ島水族館の入場料金10%オフ
  • オリックスレンタカー 基本料金割引、中古車販売割引など
  • ふく料理「春帆楼」1ドリンクサービス
  • 全国40ヶ所以上のゴルフ場で、ドリンク1杯無料
  • オリックス・バファローズ公式戦ホームゲーム優待

観光やレジャー、お食事など様々な面で優待を利用することができます。ちなみに、本優待の権利月や優待獲得のための最低必要金額は、以下のようになっています。

優待頻度、優待獲得のための最低購入金額:

  • 優待頻度・時期:年2回(3月、9月)*ふるさと優待品は3月のみ
  • 最低単位元:100株
  • 最低購入金額:142,600円(2016年8月9日現在)
  • 配当+優待利回り:6.72%(配当は2016年実績)
  • 売買手数料:証券会社毎(詳細)

参考 オリックスの株主優待や企業の詳細は、以下をご参照ください。

オリックス(8591)の株主優待・配当金
オリックス(証券コード:8591)の株主優待は、5,000円相当のふるさと優待品、および株主優待カード(年2回)がもらえる優...

厳選!9月の注目株主優待銘柄一覧

ここまで紹介した銘柄以外にも、8月は多くの注目株主優待があります。表にまとめましたので、お好みの優待をぜひ見つけてください!(銘柄名をクリック・タップすると、銘柄の詳細がチェックできます。)

厳選!9月の注目株主優待銘柄一覧(2016年8月29日現在のデータ)

銘柄種類優待内容優待獲得の最低購入金額
ワタミ(7522)食品グループ会社で利用できる優待券(年2回)103,400円
ヴィア・ホールディングス(7918)食品自社グループ店舗で利用できる優待券(年2回)90,200円
大冷(2883)食品2,000円相当の自社製品(年1回)162,600円
海帆(3133)食品3,000円分相当のお食事券、またはお米券(年2回)91,900円
モスフードサービス(8153)食品モスバーガーグループの店舗で使える優待券(年2回)297,600円
ゼンショーホールディングス(7550)食品グループ店舗で利用できる優待お食事券(年2回)181,500円
ジョリーパスタ(9899)食品株主優待お食事券(年2回)125,000円
マルシェ(7524)食品優待券、および株主優待品(年2回)83,400円
イートアンド(2882)食品自社製品、またはお食事券(年2回)201,200円
王将フードサービス(9936)食品餃子の王将などで使える優待食事券(年2回)389,500円
ディア・ライフ(3245)金券1,000円分のQUOカード(年2回)36,000円
ケイアイスター不動産(3465)金券クオカード(年1回)190,000円
システムリサーチ(3771)金券2,000円分のクオカード(年1回)152,300円
川西倉庫(9322)金券年間2,000円分のクォカード89,800円
セントケア・ホールディングス(2374)金券1,000円分のQUOカード(年1回)133,100円
TOKAIホールディングス(3167)金券などQUOカードやフレンチレストラン優待券、アクア商品などから選べる61,900円
As-meエステール(7872)金券など買い物券やクオカード、自社製品(年1~2回)58,600円
カワタ(6292)金券+
カタログギフト
年間1,000円分のクオカードやカタログギフト47,800円
ダイコク電機(6430)金券
(ポイント)
保有株式数や保有期間に応じて加算されるポイント140,800円
マツモトキヨシホールディングス(3088)金券自社のグループ店舗で利用可能な商品券(年2回)453,500円
山喜(3598)買い物券自社グループ直営店で利用できる買物券(年2回)22,400円
JALUX(2729)買い物券自社店舗やカタログギフトで利用できる優待券(年2回)162,500円
デリカフーズ(3392)金券または商品こだわりの野菜・果物の詰合せ、またはジェフグルメカード(年1回)97,700円
オリエンタルランド(4661)レジャー東京ディズニーランド、または東京ディズニーシーの1デーパスポート(年2回)605,100円
ANAホールディングス(9202)レジャーANA便の普通運賃が50%割引(年2回)278,600円
平和(6412)レジャーPGMグループ運営のゴルフ場の株主優待券(年2回)217,800円
レオパレス21(8848)レジャーリゾートホテルの無料宿泊券など(年2回)68,200円
セントラルスポーツ(4801)レジャー全国の店舗で利用できる優待券(年2回)239,500円
ラウンドワン(4680)レジャー優待割引券やクラブ会員カード引換券、初心者向け健康ボウリング教室(年2回)74,100円
常磐興産(9675)レジャー「スパリゾートハワイアンズ」無料入場券や宿泊割引券など(年2回)150,000円
第一興商(7458)レジャー直営店舗、子会社のカラオケ・飲食店舗で利用できる優待券(年2回)397,000円
ベネッセホールディングス(9783)カタログギフト3,000円相当のカタログギフト(年2回)236,800円
RIZAPグル-プ(2928)カタログギフト4,000円相当〜の自社グループ商品(年2回)92,400円
SDエンターテイメント(4650)カタログギフト3,000円相当〜の自社、およびRIZAPグループ商品から希望の商品を進呈(年2回)66,100円
ノエビア(4928)自社製品自社化粧品セット(年2回)301,000円
ダイショー(2816)自社製品自社製品詰め合わせ(年2回)118,700円
ユーグレナ(2931)自社製品の割引券指定された自社商品2,000円割引クーポン(年1回)141,200円
三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)その他オリジナルグッズや優待クーポン(年1回)53,530円
ゲオホールディングス(2681)その他レンタル優待価格、またはリユース割引券(年2回)132,300円
まんだらけ(2652)その他自社で使える優待券(年1回)および自社発行の隔月月刊誌(年2回)60,300円
三越伊勢丹ホールディングス(3099)その他グループ店舗で利用できる株主優待カード(年2回)93,600円
オートバックスセブン(9832)その他自社店舗で利用できる優待ポイントカード(年2回)142,300円
ヤマウラ(1780)その他長野県の食材などの地場商品から選べる(年1回)54,700円

このように、9月は人気飲食店の株主優待、また利回りの高い金券がもらえるお得な優待がたくさんあります。投資・資産運用だけでなく、生活費の節約に株主優待を役立ててください。

株主優待をお得に購入できる証券会社

優待銘柄・株式を購入する際には手数料がかかります。この手数料は、購入先(証券会社)によって、異なります。投資コスト(手数料)は、確実なマイナスリターンとして、我々の投資パフォーマンスを低下させます。

そのため、手数料の安い証券会社で、優待株式を取引することが重要です。

各証券会社の売買手数料を比較してみます。下表が、手数料が特に安いネット証券の手数料比較です。株式の売買手数料は、購入先や株式自体の金額におって異なります。

証券会社 \ 約定代金〜10万円〜20万円〜50万円〜100万円
松井証券0円(無料)300円500円1000円
ライブスター証券80円97円180円340円
GMOクリック証券
株主優待で実質無料
88円97円241円436円
カブドットコム証券90円180円250円990円
SBI証券139円185円272円487円
マネックス証券100円180円450円1,500円
楽天証券139円185円341円609円

上表からわかるように、株式の金額(1日の約定代金合計)が10万円以下の場合、松井証券が最も安いことがわかります。また、10万円以上(1回の約定代金)の場合、ライブスター証券が最安です。そのため、基本的には、この2社を軸に購入先を考えると良いでしょう。

ただし、GMOインターネットGMOクリックHDの株主優待を使うと、GMOクリック証券での売買手数料が実質無料になるので、個人的には、GMOクリック証券がオススメです。ちなみに、私はメイン口座としてGMOクリック証券を利用しています。

GMOクリック証券の売買手数料を株主優待で実質0円(無料)にする方法・申込手順【まとめ】
GMOクリック証券は、GMO系列の株式(GMOインターネットやGMOクリックホールディングスなど)の株主優待により、国内株式...

参考 GMOクリック証券・ライブスター証券・松井証券の詳細確認・無料口座開設は、以下からの公式ページから行えます。ご興味をもたれた方は、ぜひご覧ください。

また、株主優待の検索や売買向けの証券会社の比較・解説は、以下をご参照ください。

株主優待向けのおすすめ証券会社。手数料・利便性別に違いを解説!
証券会社を選ぶポイントは、株式売買にかかるコストや取引の利便性があります。しかし、株主優待を購入する場合、自分にあった優待(...

また、お得なキャンペーン情報は、以下からご覧ください。

 

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です