トーソー(5956)昇格期待の株主優待バリュー銘柄

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

トーソー(5956)昇格期待の株主優待バリュー銘柄

トーソー(5956)昇格期待の株主優待バリュー銘柄



昇格期待の株主優待バリュー銘柄として保有中の、トーソー(証券コード:5956)について紹介します。低PBRの株主優待銘柄として昇格時の割安修正などによる株価修正などが期待される銘柄です。本記事では、企業の特徴、業績・指標、昇格証券などを確認、解説します。

スポンサーリンク
レクタングル大

トーソー(5956)の特徴

トーソーは、カーテンレールで国内シェアトップの室内装飾関連メーカーです。ブライドにも強みを持ち、昨今は東南アジアなどアジアを中心に海外展開しています。室内装飾品の他、介護関連用品や物流関連事業も手がけています。

セグメント比率

事業のセグメント比率は、カーテンレール、ブラインドを中心とする室内装飾関連事業が全体の98%を占めています。残りの2%が、その他の事業(介護関連用品、物流関連事業)となっており、トーソーのメイン事業は室内装飾関連事業となっています。

参考 トーソーのIRページ

トーソーの投資対象としての魅力

トーソー(5956)の投資対象としての魅力は、以下のような点が挙げられます。

  • 高配当・優待利回り
  • 東証1部昇格期待
  • 安定した収益と今後の拡大余地

高配当・優待利回り

2016年3月6日現在、予想配当利回りは2.06%となっています。また、株主優待は100株で1,000円分のカタログギフトがもらえます。配当+優待利回りは、約4.1%と高水準となっており、お得な配当・優待とあって、株価の下支え効果が期待できます。

参考 トーソー(5956)の株主優待の詳細は、以下をご参照ください。

トーソー(5956)の株主優待・配当
トーソー(証券コード:5956)の株主優待は、年間1,000円以上のカタログギフトがもらえる優待です。私自身も、昇格期待の株...

東証1部昇格期待

本銘柄は、株主数を増やすための施策と考えられる株主優待の拡充や立会外分売を行っており、東証1部への鞍替えを狙っている可能性があります。ブラインドでシェアを争っている立川ブラインドが東証1部に昇格したことや、今後グローバル展開を会社の重点課題としている点からも、1部昇格の可能性があると考えます。

PBRが0.46倍と割安であることから東証1部昇格による割安修正も期待できます。

安定した収益と今後の拡大余地

業績面では、カーテンレールの圧倒的シェアを背景とする安定収益が目立ちます。また、国内外でのシェア・売り上げ拡大を掲げており、順調に推移することで、業績の大きな拡大が期待できます。

室内装飾関連事業の売上高の半分程度を占めるカーテンレール類は、国内のシェアが約50%とNo1.のシェアを誇っています。この安定収益がトーソーの強みであり、今後のグローバル展開の基盤ともなっています。

また、室内装飾関連事業の売上高の4割程度を占めるブライドは、国内のシェアが約10%とシェアの拡大余地があります。市場規模もカーテンレールと比べて2.5倍程度あるので、シェアの拡大により大きな売上高拡大が期待できます。

中期経営計画

現在のところ、具体的な数値目標は公表されていませんが、以下の3点を軸に持続的な企業成長を目標としています。

  • 国内新設住宅市場:製品開発⼒・販売⼒の強化など
  • 海外販売:海外売上⾼⽐率の拡⼤など
  • 新規領域:非住宅施設の獲得など

海外販売は、売上高の2%程度となっており、今後の拡大が非常に楽しみです。

業績・財務指標など

トーソーの業績は、下表のように推移しています。今期は、2015年9月の鬼怒川決壊により、協力工場の一部の生産設備および資材が冠水する被害による、売り上げの機会損失、また特別損失が発生したことで、減収・減益となっています。

決算期売上高営業利益経常利益純利益
2016年3月期23,000
(予想)
720
(予想)
700
(予想)
300
(予想)
2015年3月期22,467805784345
2014年3月期23,9251,0321,010199
2013年3月期22,355881861410
2012年3月期21,369778734282
2011年3月期20.832975953829

2016年3月15日現在、PER:17.02倍、PBR:0.46倍と割安感があります。「現金及び預金」などの換金性資産が全体の約20%割程度(約40億円)となっています。

株主優待・配当

2016年3月期の予想配当は1株あたり10円です。2015年3月6日現在の株価で換算すると配当利回り2.06%の利回りです。

また、以下のような株主優待もあり、配当+優待利回りは4%を超える高水準となっています。

  • 100株:1,000円相当のカタログギフト
  • 1000株:3,000円相当のカタログギフト

※優待品に代えて環境保全活動への寄付選択可

参考 トーソー(5956)の株主優待の詳細は、以下をご参照ください。

トーソー(5956)の株主優待・配当
トーソー(証券コード:5956)の株主優待は、年間1,000円以上のカタログギフトがもらえる優待です。私自身も、昇格期待の株...

ここまで解説してきたように、トーソー(5956)は、今後の住宅やホテル需要の拡大を取り込み、また、優待・配当のお得感や、東証1部昇格期待もあり、今後大きな株価成長が期待できる銘柄と考えます。

売買手数料最安のオススメ証券会社

投資コストは投資家への確実なマイナスリターンとなり、投資パフォーマンスを悪化させます。コスト(売買手数料)の安い証券会社を選び、投資家が確実に実現できるパフォーマンス向上を行いましょう

手数料の安い証券会社で最もオススメなのが、GMOクリック証券です。GMOインターネットやGMOクリックHDなどのGMO関連の銘柄を保有することで、株主優待により、売買手数料がキャッシュバックされます。売買手数料実質無料となります。

私もGMOクリック証券をメインとして使っていますが、売買手数料を気にせず取引できるのは大きいです。売買手数料の邪念で投資機会を見逃すこともありません。

参考 GMOクリック証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。
GMOクリック証券

また、本ブログのGMOクリック証券の評価・解説は、以下をご参照ください。
GMOクリック証券の評価・解説(メリット・デメリットなど)

また、お得なキャンペーン情報は、以下からご覧ください。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です