ティーライフ(3172)の株主優待・配当金

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

ティーライフ(3172)の株主優待・配当金

ティーライフ(3172)の株主優待・配当金



ティーライフ(証券コード:3172)の株主優待は、年1回1,000円〜相当の優待券がもらえる優待です。以下、健康茶、化粧品などをカタログ、ネットで販売しているティーライフの株主優待・企業としての特徴などを解説します。

自分に合った株主優待を探すならSBI証券の検索ツールがオススメ!

スポンサーリンク
レクタングル大

ティーライフ(3172)の株主優待

ティーライフ(3172)の企業紹介、株主優待内容、および利回り等を解説します。

ティーライフとは?企業紹介

ティーライフは、プライベートブランドの健康茶や化粧品などをカタログ・ネットで販売している企業です。2014年にJASDAQから東証2部へ昇格してきました。

東証2部昇格後は、順調に利益を伸ばしています。また、立会外分売なども行っており、東証1部昇格も期待できる銘柄となっています。

優待内容

ティーライフの株主優待は、最低単位元100株の保有で、1,000円分の優待券が年1回(7月)もらえます。優待券は、ティーライフの商品購入に使うことができます。また、以下のように、保有株数によって優待券の金額がかわります。

優待内容(保有株数別):

  • 100株以上500株未満:1,000円分
  • 500株以上1000株未満:2,000円分
  • 1000株以上:3,000円分

優待頻度と最低購入金額:

  • 時期:年1回(7月)
  • 最低単位元:100株
  • 最低購入金額:102,800円(2016年7月7日現在)

権利月は7月

ティーライフの株主優待は、年1回(7月)に獲得できます。本株主優待をもらいたい方は、7月の権利付き最終日までに、株式を購入・保有しましょう。2016年7月の権利付き最終日は7月26日(火)となっています。

参考 各月の権利日は、以下からご確認ください。

また、権利付き最終日など株主優待を取るための基本事項は、以下をご参照ください。

株主優待・配当の基本(初心者・はじめての方へ)
投資と言うと、一般に「配当金」や「値上がり益」など金銭目的のものというイメージです。しかし、最近では、株主優待を目的とした投...

優待&配当利回り

配当は、1株あたり28円(会社予想)となっています。配当利回りは2.93%です(6月27日現在)。また、株主優待と配当を合わせた利回りは、100株保有で3.97%(2016/6/27現在)となっています。

配当利回りだけでもそこそこの水準ですが、優待を合わせると3.97%とお得感があります。

参考 その他の7月のお得な注目優待銘柄については、以下をご参照ください。

7月の注目おすすめ株主優待。一覧・配当金など一挙紹介!
7月は、株主優待の数が30弱と、1年で最も優待が少ない月です。しかし、チョコレートやお肉を始めとする食品系、また金券やレジャ...

ティーライフ(3172)を安くお得に購入する方法

ティーライフの最低購入金額は、102,800円(7/7現在)です。10万円以上の株式を購入する場合、手数料最安はライブスター証券です。10~20万円の株式を97円(税込)で売買できます。投資コストを節約しパフォーマンスの向上を狙うために、ライブスター証券をオススメします。

自分に合った株主優待を探すならSBI証券の検索ツールがオススメ!

ただし、GMOインターネットGMOクリックHDの株主優待を使うと、GMOクリック証券での売買手数料が実質無料になります。ちなみに、私はメイン口座として、GMOクリック証券を利用しています。

GMOクリック証券の売買手数料を株主優待で実質0円(無料)にする方法・申込手順【まとめ】
GMOクリック証券は、GMO系列の株式(GMOインターネットやGMOクリックホールディングスなど)の株主優待により、国内株式...

参考 GMOクリック証券・ライブスター証券の詳細確認・無料口座開設は、以下からの公式ページから行えます。ご興味をもたれた方は、ぜひご覧ください。
GMOクリック証券
ライブスター証券

また、株主優待の検索や売買向けの証券会社の比較・解説は、以下をご参照ください。

株主優待向けのおすすめ証券会社。手数料・利便性別に違いを解説!
証券会社を選ぶポイントは、株式売買にかかるコストや取引の利便性があります。しかし、株主優待を購入する場合、自分にあった優待(...

まとめ

  • ティーライフの株主優待は、1,000円〜相当の優待券(年1回)
  • 権利月は7月
  • 優待利回りは、3.97%(6/26現在)。
  • 手数料最安はライブスター証券、ただし、優待を利用する場合、GMOクリック証券で手数料実質無料

参考 本記事で紹介した証券口座は、以下から無料で口座開設が行えます。ご興味をもたれた方は、ぜひご覧ください。

また、お得なキャンペーン情報は、以下からご覧ください。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です