立会外分売とは?安い株価で東証1部昇格期待銘柄を購入できるメリットなど解説

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

立会外分売とは?安い株価で東証1部昇格期待銘柄を購入できるメリットなど解説

立会外分売とは?安い株価で東証1部昇格期待銘柄を購入できるメリットなど解説



株式取引の方法の一つに 立会外分売(読み方:たちあいがいぶんばい)があります。割引価格で株式を無料購入できるなどのメリットがあります。また、東証1部昇格へ向けた準備段階である場合もあります。

本記事では、立会外分売の概要、また特徴を解説します。私自身、昇格期待銘柄を探す際に、この立会外分売などを参考にしています。立会外分売と東証1部昇格との関係も解説します。

スポンサーリンク
レクタングル大

立会外分売とは?

立会外分売(たちあいがいぶんばい)とは、大株主が所有する株式を、証券取引所の取引時間外(立会外)に売り出す取引です。英語では、Off-Floor Distributionsと言うようです。

最大の特徴は、通常の株式取引よりも、割引価格でお得に買えることです。さらに、株式の購入手数料も無料で、かなりメリットの大きい投資機会です。

分売から購入までの流れ

立会外分売のイメージを掴むために、分売から購入までの流れを解説します。

分売から購入までの流れ:

  1. 分売予定日が決まる(Webサイトなどでチェック)
  2. 分売予定日の前日夕方から当日朝までに、申込みを行う
  3. 当日9時に抽選結果を確認!

分売予定日が決まる(Webサイトなどでチェック)

分売を予定している企業(銘柄)は、1週間ほど前から、企業ホームページや各証券会社のWEBサイト等で告知されます。分売予定日は、6/6(月)~6/8(水)のように、複数日で発表されています。分売の実施日は、この期間におこなわれ、最短で6/6に実施されます。

例えば、下表は立会外分売を取り扱っているSBI証券の立会外分売用のWebページとなっています。企業毎のホームページで確認するよりも、証券会社のWebサイトで確認する方が、まとまっていて便利です。

分売予定日の前日夕方から当日朝までに、申込みを行う

分売の実施は、前営業日の夕方に決定します。分売の申し込みは、分売実施日の「前営業日18時~翌営業日(分売実施日)8:20」の間にする必要があります。

例えば6/6(月)が分売実施日の場合、6/3(金)の夕方に分売の実施が決定され、6/3(金)の18:00~6/6(月)8:20の間に、申込みをする必要があります。

当日9時に抽選結果を確認!

分売りは、申し込んだ方、全員が株式を獲得できる分けではありません。人気銘柄で分売申込みが殺到した場合、抽選となります。

抽選結果は、分売実施日の当日に、証券口座のメッセージボックスに通知がきています。また、抽選で当たっていれば、保有銘柄一覧などに加わっています。

このような流れで、立会外分売は行われます。

立会外分売のメリット

立会外分売のメリットには、以下の4点があります。

  • 株式の購入手数料が無料
  • 割引された価格で株式を購入できる
  • 勝率が85%以上
  • 東証1部昇格銘柄に先回りできる可能性も

株式の購入手数料が無料

通常、現物株を取引する場合、購入時に手数料が掛かります。しかし、分売の場合、手数料が掛かりません。抽選に当選すれば、手数料0円(無料)で株式を購入できます

投資コストは、確実なマイナスリターンとなるので、初期コストが全くかからないのは、かなりのメリットですね!

株式の購入手数料が無料

割引価格で株式を購入できる点も、分売のメリットです。一般に、2~3%程度割引された株価で、株式を購入できます。例えば、株価1,500円で3%割引されている場合、分売で1,455円で割安に購入することができます。

勝率が85%以上

2015年の分売の結果は、85%の銘柄で、分売実施日の始値が分売価格よりも上昇したという結果が出ています。つまり、2015年は、分売で株式を購入し、始値で売った場合、85%の確率で儲けることができたことになります。

私の場合、分売銘柄は中長期で保有することが多いため、こういった投資はしませんが、短期的な売買でも勝率が高いようです。

東証1部昇格銘柄に先回りできる可能性も

東証1部の昇格条件には、株式の流動性条件があります。その条件を満たすため、立会外分売を、大株主の保有比率を下げる施策として活用する企業があります。

つまり、そのような企業は、将来東証1部への昇格が期待できます。もちろん全ての企業が、昇格を狙っているわけではありませんが、立会外分売を利用することで、昇格による値上がり益を将来得ることができる可能性もあります。

このように、立会外分売は、コストを抑えて割安に株式を保有することができます。短期売買での勝率が高く、中長期であれば、東証1部昇格による値上がり益も期待できます。以下の注意点に気をつけて、積極的に、立会外分売を利用すると良いでしょう。

デメリット・注意点

立会外分売の注意点をまとめると、以下の4点が挙げられます。メリットのところで、勝率85%と書いたように、取引時間開始後、かならず(100%)株価が上がる訳ではありません。

また、購入の流れでも解説したように、分売申込みの時間が特殊ですので、注意しましょう。

注意点まとめ:

  • 仮に、前日終値の数%引きで買えたとしても、取引時間開始後、株価が下がることもある
  • 購入できる時間帯は「午後6時頃〜翌朝8時頃」の間です。
  • 分売予定日は変更になることもあるので、申し込んだ証券会社で確認が必要
  • 申込者が多い場合は、抽選で配分されることになります。

これらの点に気をつけて、立会外分売を利用しましょう。

立会外分売を扱っている主な証券会社

立会外分売は、全ての証券会社で取り扱っている訳ではありません。手数料の安いネット証券では、以下の証券会社が、立会外分売を取り扱っています。どの証券会社でも分売銘柄の購入手数料は無料となります。

多数の証券会社で申し込む程、分売の抽選当選確率が上がるので、たくさんの口座を保有しておくのも良いでしょう(口座開設費・維持費いずれも無料なので)。

証券会社10万円まで30万円まで50万円まで
SBI証券139円272円272円
松井証券0円300円500円
ライブスター証券80円180円180円
楽天証券139円341円341円
マネックス証券100円250円450円

現物売買手数料(税抜)の比較

私の場合、立会外分売はSBI証券を中心に利用しています。ただ、どうしても欲しい銘柄や注文が殺到しそうな銘柄が多いため、ほとんどの場合、上記の全ての口座で、立会外分売を申し込んでいます。

参考 本記事で紹介した証券会社は、以下の公式ページから、詳細確認・無料口座開設が行えます。今なら口座開設キャンペーンで、SBI証券で最大10万円、マネックス証券で最大71,000円、楽天証券で最大17万円がもらえます。

また、お得なキャンペーン情報は、以下からご覧ください。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です