SFPダイニング(3198)昇格期待の株主優待バリュー銘柄

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

SFPダイニング(3198)昇格期待の株主優待バリュー銘柄

SFPダイニング(3198)昇格期待の株主優待バリュー銘柄



昇格期待の株主優待バリュー銘柄として保有中の、SFPダイニング(証券コード:3198)について紹介します。2014年12月に東証2部に上場してきた銘柄で、お得な株主優待銘柄としても有名です。本記事では、企業の特徴、業績・指標、昇格の期待度などを解説します。

スポンサーリンク
レクタングル大

SFPダイニング(3198)の特徴

SFPダイニングは、海鮮居酒屋「磯丸水産」や手羽先唐揚げ「鳥良」を展開する飲食卸売業です。主力の磯丸水産を中心に、利益率の高い店舗を次々に出店し収益を拡大しています。クリエイト・レストランツHDの傘下です。

参考 SFPダイニングのIRページ

SFPダイニングの投資対象としての魅力

SFPダイニングの投資対象としての魅力は、以下のような点が挙げられます。

  • 積極的な出店と利益率の高さ
  • 株主優待・配当の魅力
  • 東証1部昇格期待

積極的な出店と利益率の高さ

毎年積極的な出店を行っており、2015年には売上高+40%を達成しました。同時に営業利益率の増加も達成しており、2015年9月期決算では、売上高営業利益率10.7%を達成しました。業種平均が3.6%ですから、SFPダイニングの営業利益率の高さが際立ちます。

この高売上成長率と高売上高営業利益率は、SFPダイニングの魅力の一つです。

株主優待・配当の魅力

SFPダイニングは、お得な株主優待銘柄としても大変有名です。各種投資雑誌でも紹介されており、株主優待人気による株価下支え効果も期待できます。優待の内容は、以下のようなもので、年間8,000円分の優待が受けられます。本日(2016年2月12日)の株価で算出する優待利回りは、5.84%と高利回りとなっています。

SFPダイニングの株主優待(以下の内容を年2回):

  • 100株以上:4,000円分の食事券
  • 500株以上:10,000円分の食事券
  • 1000株以上:20,000円分の食事券

また、2015年9月期決算では、1株あたり20円の初配当も出しました。今期予想される優待と配当を合わせた利回りは、100株購入で、6.28%と高水準となっており、大変魅力的な銘柄です。

参考 SFPダイニングの株主優待の詳細は、以下をご参照ください。

SFPダイニング(3198)の株主優待・配当
SFPダイニング(証券コード:3198)の株主優待は、年間8,000円相当のお食事券がもらえるおトクな優待です。磯丸水産・鳥...

東証1部昇格期待

東証2部にIPOしてきた点から今後の東証1部上場が期待できます。東証1部によるインデックスファンドの買いなど期待できます。

昇格条件

2014年12月に東証2部に新規上場(IPO)しました。東証1部への昇格条件(株主数、時価総額、流通比率など)は、流通比率以外満たしていると思われます。流通比率に関しては、親会社であるクリエイト・レストランツHDが、全体の数%程度を売り出すことで、条件を満たしそうです。

親会社が売り出すということで、ポジティブに捉えれば、分割や優待拡充など株価を上げる施策を行ってから売り出すということも考えられます。このような施策に期待したい所です。

中期経営計画

具体的な年度毎の目標値は示されていませんが、新規出店を年間40店のペースで行い、売上高営業利益率8%以上を目標としています。

業績・財務指標など

SFPダイニング(3198)の業績は、下表のように推移しています。近年加速的な増収増益を達成しています。年間40店程度の新規出店を行いながら、売上高営業利益率10%以上という驚異的な数字をたたき出しています。

決算期売上高経常利益純利益
2015年9月期28,5983,3332,030
2014年9月期20,0971,9821,178
2013年9月期15,4421,359605
2012年9月期13,773879245

2016年は、9月決算から2月決算(親会社の日程と合わせるため)に変更するため、5ヶ月間の変則決算となりますので、ご注意ください。

また、財務諸表を見ると、「現金及び預金」や「有価証券」などの換金性資産が全体の約5割程度を占めており、安心感があります。営業キャッシュフローもプラスとなっています。

株主優待・配当

上述したように、2016年2月期の配当は1株あたり6円、また株主優待は以下のように、株式数に比例してお食事券がもらえます。株主優待と配当金を合わせた利回りは、2016年2月14日現在、6.28%と超高利回りとなっていおり、優待・配当面からも魅力があります。

  • 100株以上:4,000円分の食事券
  • 500株以上:10,000円分の食事券
  • 1000株以上:20,000円分の食事券

参考 SFPダイニングの株主優待の詳細は、以下をご参照ください。

SFPダイニング(3198)の株主優待・配当
SFPダイニング(証券コード:3198)の株主優待は、年間8,000円相当のお食事券がもらえるおトクな優待です。磯丸水産・鳥...

ここまで解説してきたように、SFPダイニング(3198)は、高成長・高営業利益率の優良銘柄です。また、優待・配当のお得感や、東証1部昇格期待もあり、今後大きな株価成長が期待できる魅力的な銘柄です。

売買手数料最安のオススメ証券会社

投資コストは投資家への確実なマイナスリターンとなり、投資パフォーマンスを悪化させます。コスト(売買手数料)の安い証券会社を選び、投資家が確実に実現できるパフォーマンス向上を行いましょう

手数料の安い証券会社で最もオススメなのが、GMOクリック証券です。GMOインターネットやGMOクリックHDなどのGMO関連の銘柄を保有することで、株主優待により、売買手数料がキャッシュバックされます。売買手数料実質無料となります。

私もGMOクリック証券をメインとして使っていますが、売買手数料を気にせず取引できるのは大きいです。売買手数料の邪念で投資機会を見逃すこともありません。

参考 GMOクリック証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで3ヶ月間売買手数料無料になります。
GMOクリック証券

また、本ブログのGMOクリック証券の評価・解説は、以下をご参照ください。
GMOクリック証券の評価・解説(メリット・デメリットなど)

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です