ライブスター証券のメリット・デメリット。手数料の安さNo.1証券会社の特徴とは?

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

ライブスター証券のメリット・デメリット。手数料の安さNo.1証券会社の特徴とは?

ライブスター証券のメリット・デメリット。手数料の安さNo.1証券会社の特徴とは?



ライブスター証券 は、株式、FX、投資信託、先物の取引が行えるネット証券です。最大の特徴は売買手数料の安さです。2014から2年連続でオリコンの取引コスト満足度1位に輝いています。

本記事では、ライブスター証券の手数料体系や特徴、メリット、また頭にいれておくべきデメリットなどについてを紹介・解説します。

ライブスター証券の公式ページ

スポンサーリンク
レクタングル大

ライブスター証券の特徴・メリット

ライブスター証券の最大の特徴は、国内株式・ETFの売買手数料の安さです。以下示すとうに、現物・信用取引の両方のほとんどの価格帯で株式売買手数料が最安となります。

この手数料の安さが我々投資家から高い評価を受けて、2014・2015年のオリコンのネット証券部門取引コスト満足度で1位を獲得しています。

ライブスター証券と他証券会社の現物取引手数料比較

以下は、現物取引におけるライブスター証券と他証券会社の手数料比較です。表から分かるように、10万円以下の価格帯を除いて、ライブスター証券の手数料が最安となっています。

約定代金(株式購入金額)が100万円未満の場合:

証券会社名 \ 約定代金〜10万円〜20万円〜30万円〜50万円
ライブスター証券80円97円180円180円
松井証券0円300円300円500円
SBI証券139円185円341円341円
カブドットコム証券180円270円360円540円
GMOクリック証券88円98円241円241円
マネックス証券100円180円250円450円
楽天証券139円185円272円487円

松井証券は、1日の株式約定代金の合計が10万円以下の場合、手数料が無料になります。一度の取引ではなく、一日の合計れある点にご注意ください。

松井証券の詳細確認・無料口座開設は、コチラから行えます。

約定代金(株式購入金額)が100万円以上の場合:

証券会社名 \ 約定代金100万円200万円300万円500万円1000万円
ライブスター証券340円600円600円800円800円
松井証券1000円2000円3000円5000円10,000円
SBI証券609円1152円1152円1152円1152円
カブドットコム証券990円2790円2790円3690円3690円
GMOクリック証券436円834円834円834円834円
マネックス証券1500円4500円4500円7500円15,000円
楽天証券921円921円921円921円921円

以上の表からもわかるように、約定代金が10万円以上の場合、ライブスター証券の売買手数料が最安となっていることがわかります。ただし、GMOクリック証券の場合、株主優待を利用することで、売買手数料を実質無料にすることもできるので、そちらを利用しても良いでしょう。

参考 GMOクリック証券で手数料実質無料にする裏技は、以下をご参照ください。

GMOクリック証券の売買手数料を株主優待で実質0円(無料)にする方法・申込手順【まとめ】
GMOクリック証券は、GMO系列の株式(GMOインターネットやGMOクリックホールディングスなど)の株主優待により、国内株式...

コストは、投資家への確実なマイナスリターンとして、投資パフォーマンスを悪化させます。手数料分、投資成果が鈍るためです。そのため、国内株式・ETFは、ライブスター証券で手数料を抑えて売買しましょう。

参考 ここまで紹介した証券会社の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。

NISA口座も作れる

ライブスター証券では、2014年から始まったNISA口座を作ることができます。NISA口座を使うと、譲渡益や配当金・分配金に対する税金が非課税になります。

参考 NISAの詳細は、以下をご参照ください。
NISAとは?メリット・デメリット、おすすめ証券・金融商品、変更点など解説!

ライブスター証券のデメリット

たくさんのメリットをもつライブスター証券ですが、投資信託の品揃えが悪く、また海外ETF・株式の売買ができません。そのため、基本的には、国内ETF・株式を売買する場合のみライブスター証券を利用するのが良いでしょう。

投資信託はレオス・キャピタルワークスのみ

投資信託は、ひふみ投信で有名なレオスキャピタルワークスの以下だけが売買可能です。

  • ひふみプラス
  • レオス・アジアセレクト株式ファンド

投資信託は、SBI証券・マネックス証券・楽天証券・カブドットコム証券が品揃えば豊富かつ購入手数料無料のものが多いです。特に投資信託保有時のポイント還元率が最も高いSBI証券が最もオススメです。

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円がもらえます(9月30日まで)。

SBI証券の詳細確認・無料口座開設

海外ETF・株式は購入できない

ライブスター証券では、海外ETF・株式は売買できません。海外株式を売買したい場合は、SBI証券マネックス証券楽天証券のいずれかが候補となります。海外ETF・株式を特定口座で扱え、売買手数料が最安のマネックス証券が最もオススメです。

参考 海外ETF・株式購入のおすすめ証券会社は、以下をご参照ください。
海外ETF・株式購入のおすすめ証券会社

こんな方は、ライブスター証券を使うべし!

ライブスター証券の特徴、メリット・デメリットを見るとわかるように、とにかく国内株式・ETFを売買する人はライブスター証券を利用すべきです!

繰り返しになりますが、売買コストは投資家への確実なマイナスリターンとなります。そのため、売買手数料が最安のライブスター証券で国内株式・ETFを売買することをオススメします。

クロス取引などで株主優待を獲得する人などは、特に現物・信用取引の両方で、売買手数料最安のライブスター証券がオススメです。

ライブスター証券の無料口座開設とキャンペーン

ライブスター証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら無料口座開設で2ヶ月間、売買手数料無料になるキャンペーンを実施中です
ライブスター証券

口座開設・維持にかかる手数料はゼロです。一切の費用がかかりません。たとえ、口座開設後、ほったらかしてても無料で口座を持ち続けることができます。

ライブスター証券

参考 本記事で紹介した他の手数料の安い証券会社は、以下の公式ページから、詳細確認・無料口座開設ができます。ご興味をもたれた方は、ご覧ください。

また、お得なキャンペーン情報は、以下からご覧ください。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です