株主優待・配当の基本(初心者・はじめての方へ)

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

株主優待・配当の基本(はじめての方へ)

株主優待・配当の基本(はじめての方へ)



投資と言うと、一般に「配当金」や「値上がり益」など金銭目的のものというイメージです。しかし、最近では、株主優待を目的とした投資が急速に増えています。

株主優待 は、企業が株主に対して、企業独自の商品やサービスを提供する制度です。現在、1100を超える企業が株主優待を導入しています。普段は買わないような、大手メーカーの化粧品やその他商品、食事券、またQUOカードがもらえるなど、大変おトクな制度です。

本記事では、株主優待をもらう上で、必ず抑えておきたいポイントを解説します。初めて株主優待や配当取りを目的とした株式売買を行う方は、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク
レクタングル大

株主優待とは?

冒頭でも述べたように、株主優待とは、自社の株式を保有してる株主に、自社製品、お米、金券などの提供を行う優待のことです。企業が株主に感謝の意を込めたプレゼント(お歳暮?)のようなものです。

例えば、マクドナルドHDであれば、バーガー類、サイドメニュー、飲み物の3種類の無料引換券のシートを6枚貰えます。ANAであれば、航空券やグループ・提携ホテルの優待が、イオンの株主優待であれば、優待カードによる値引きで買い物をお得にすることができます。

現在、1,100社を超える企業が優待制度を導入しており、生活費の節約だけでなく、普段は手が届かないような化粧品、高級お食事券などをもらうことができます。

参考 株主優待・配当金を受け取るために知っておくべき基本

配当金とは?

株主優待が株主への物の提供であるのに対して、配当とは株主への金銭の提供です。企業の利益を株主へ還元するという意味合いがあります。そのため、企業の利益が伸びれば配当金が増える「増配」になる場合もあります。

株主優待・配当金を受け取るために知っておくべきこと

株主優待や配当金を受け取る条件は、企業の決算日までその株式を保有していることです。以下の用語と意味をしっかりと抑えて、確実に優待と配当金を獲得しましょう。

権利付最終日

権利付最終日は、株主優待・配当を獲得するために、最も重要な日です。この日の株式市場の取引終了(大引け)までに、お目当ての株式を保有していれば、配当金と株主優待を受けることができます。

例えば、2016年のイオンの権利付き最終日は、2月24日(火)と8月26日(金)です。その日の大引けに株式を保有していれば、イオンの株主優待、および配当金をもらうことができます。

権利落ち日

権利落ち日は、権利付最終日の翌営業日です。この日に株式を購入・買付けしても、その期間の株主優待・配当金受け取れません。また、配当金の分だけ株価が目張りしたり、株主優待目的の投資家が株式を売却したりするため株価が下落しやすくなっています。

権利確定日

権利確定日は、権利付最終日から4営業日目の日となっています。この日に、正式に株主名簿に名前が掲載され、正式な株主となります。ちなみに、ほとんどの日本企業が、3月末・9月末に権利確定日を迎えます。年度を一つの区切りとしているためです。

ここまでをまとめると、

株主優待・配当金をもらうためには、権利付き最終日の大引けまでに、優待・配当の欲しい株式銘柄を所有していることが条件となります。極端な話、権利付最終日の取引時間中に購入し、そのまま大ひけまで保有しつづけることで、配当金や優待を受け取ることができます。

購入後、一度も株式を売却しなければ、毎年(もしくは毎期)株主優待・配当金をもらうことができます。売却してしまった場合は、また権利付き最終日までに銘柄を購入しておく必要があります。

株主優待・配当金をもらうまでの流れ

株主優待・配当金をもらうまでの流れをまとめます。優待・配当は、以下のような流れで受け取ることになります。

  1. 証券会社に口座を作る
  2. 権利付き最終日までに株式を購入する
  3. 権利確定日後、2~3ヶ月で手株主優待・配当が届く

株式を購入するためには、証券会社の口座開設が必要です。まだ、お持ちでない方は、口座開設を行いましょう。以下、使い方・利便性や手数料別に、おすすめの証券会社を紹介します。ご参考ください。

株主優待を購入するためのオススメ証券口座

売買手数料と利便性の観点から、おすすめ証券会社を紹介します。

利便性ならSBI証券

SBI証券の株主優待銘柄を探すための検索ツールは、かなり便利です。口座開設費・維持費がいずれも無料なので、検索ツールのために、口座を開設しておくと良いでしょう。
>>> SBI証券 無料口座開設

以下の図は、SBI証券の株主優待検索ツールです。優待の種類、権利確定月、最低購入価格、優待利回りなどから銘柄を探すことができます。また、こだわり検索で、PER、PBR、自己資本比率などの条件も加えることができます。ぜひ活用してみてください。

SBI証券の株主優待ツール

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円がもらえます(9月30日まで)。
SBI証券の詳細確認・無料口座開設

また、SBI証券の株主優待銘柄検索の利便性や手数料の詳細は、以下をご参照ください。

株主優待を探すならSBI証券がオススメ!SBI証券と検索ツールの特徴・解説
株主優待は、我々個人投資家にとってうれしい特典です。現在では、1,000社を超える企業が株主優待を採用しています。私もたくさ...

実質売買手数料無料のGMOクリック証券

投資コスト(株式の売買手数料)は、投資家への確実なマイナスリターンとなり、投資パフォーマンスを悪化させます。そのため、株式の売買手数料が安い証券会社を利用することが重要です。

GMOクリック証券は、GMOインターネット(9449)GMOクリックHD(7177)の株主優待を利用することで、手数料を実質無料とすることができます。株主優待の検索を、上述のSBI証券の検索ツールを使い、実際の購入をGMOクリック証券で行うと、手数料の節約になるので、オススメです。

参考 GMOクリック証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。
GMOクリック証券の詳細確認・無料口座開設

また、GMOクリック証券の売買手数料を実質無料にする方法は、以下をご参照ください。
GMOクリック証券の売買手数料を株主優待で無料にする方法、申込手順のまとめ

参考 本記事で紹介したオススメ証券会社は、以下から口座開設(無料)を行えます。

また、お得なキャンペーン情報は、以下からご覧ください。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

コメント

  1. […] 銘柄選別株式投資として「昇格期待の株主優待バリュー投資」という投資法を行っています。株主優待を中心に割安かつ東証一部昇格が期待できる銘柄に投資する手法です。 […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です